最近の悩み~妻のつみたてNISA口座で何を積み立てるか~


先日、相方(妻)がiDeCoで投資デビューしました。
今度はつみたてNISAの口座を開設するため、現在手続き中です。


この記事では、現在の悩み(妻のつみたてNISAで何を積み立てるか)をシェアさせて頂きます。

<追記>
その後、無事に決まりました。
ネタバレが嫌な方はこの記事を最後まで読んだ後にお読みください。



前提

相方の年齢は30代前半。
職業は公務員。

定年(※)が60歳だとしても積み立て期間はつみたてNISAの非課税期間20年を優に超えます。
※65歳に延びそうですが。

基本方針

つみたてNISAで投資する先は株式100%とする方針です。

相方の現在のポートフォリオはほぼ100%現預金です。
保有している唯一のリスク資産は、最近始めたiDeCoのみで、iDeCoの毎月の積立額は上限の1万2千円です。
なお、iDeCoの投資先も株式投信100%にしています。

つみたてNISAの上限は年間40万円です。

つみたてNISAを株式100%で積み立てしたとしても、無リスク資産のシェアは当面は比較的大きいままにできます。

リスク資産がある程度大きくなってきたら、つみたてNISAの投資先を改めて考えたいですね。
大体2~3年後を想定しています。


悩んでいる選択肢

選択肢は次の3つです。

1. 楽天VT
2.eMAXIS Slim先進国株
3.eMAXIS Slim全世界株(日本株、先進国株、新興国株のミックス)

それぞれのPros/Consは以下の通りです。

楽天VT

楽天VTは1本で日本を含む全世界の株式に投資できる投信です。

Pros
・全世界に投資できる
・1本で完結する
・リバランスの必要が無い

Cons
・eMAXIS Slimで全世界株を自作するのと比べ、コスト高
・設定1年経過していないため、実質コストが不透明


eMAXIS Slim先進国株

eMAXIS Slim先進国株は現在のNo.1先進国株式インデックス投信です。

Pros
・1本で完結する
・リバランスの必要がない
・低コスト

Cons
・投資対象は先進国のみで、日本株・新興国株には投資できない


eMAXIS Slim全世界株(日本株、先進国株、新興国株)

eMAXIS Slimシリーズで、擬似的に全世界株投信を自作します。

Pros
・全世界に投資できる
・低コスト
・長男のジュニアNISA、妻のiDeCoもこのタイプなので受け入れやすい

関連記事


Cons
・リバランスの必要がある


<追記>
その後、無事に決まりました。


以上。


0 件のコメント :

コメントを投稿