【長男】資産状況(2018年08月末時点)※2歳にして純資産190万弱に到達


2018年8月末時点の長男の資産状況です。

資産状況の記事はシリーズ化しており、毎月記事にしています。

前月の記事はこちら。

純資産残高は189万4203円(前月比89,754円増)となりました。
目標の800万円まではあと約610万円です。(進捗率23.7%)

※「進捗率」は目標の800万円に対する純資産残高の割合です。


資産配分

前月と比べて特に大きな変化はありません。



※前月までと色分けを変更しました。

後に出てくる総資産の推移と同じ色分けにしています。

以下、それぞれの資産についての説明です。


生命保険

契約者:父、被保険者:父、保険金受取人:母で学資用に生命保険に加入しています。
保険料は約2.3万円/月、保険料払込期間:11年です。

保険の残高については、月単位の解約返戻金額が不明なため、年単位の解約返戻金額を月毎に按分した金額を残高としています。

払込期間満了後の解約返戻金は約314万円になります。

預金

相変わらず普通預金はありません。
定期預金は、ソニー銀行の6ヶ月定期(金利0.15%)です。


12月に満期を迎えます。
満期後にそのまま定期預金を継続するかどうかは11月頃に改めて考えます。


MRF

ジュニアNISA口座でのインデックスファンド買付用の待機資金です。
長男の収入は一旦は全てここに入ります。

長男の収入についてはこちらの記事を参照ください。
長男(1歳)の収入(2017年)



投資信託

投資信託はSBI証券のジュニアNISA口座で購入しています。
グラフは先進国株、新興国株、日本株の3つの区分に分割。

それぞれ具体的な投資信託は以下のとおりです。

先進国株
 ・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス(積立中)
 ・野村つみたて外国株投信(うち、先進国部分)

新興国株
 ・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックス(積立中)
 ・野村つみたて外国株投信(うち、新興国部分)

日本株:
 ・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式インデックス(積立中)
 ・三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド

現在、積立中の投信はeMAXIS Slimシリーズで統一しています。

eMAXIS Slimシリーズ以外の投信は過去に積み立てていた投信です。
ジュニアNISA口座ではスイッチングができないので、現在積立中の投信とは異なるファンドも引き続き保有しています。

だいぶ先の話ですが、ロールオーバーのタイミングでその時の積立対象の投信に乗り換える方針です。



資産推移

総資産

今月分から今まで掲載していた投資信託のみの推移の他、総資産の推移も掲載することにしました。

今月より初公開の総資産の推移はこちら。


「総資産」といっても、長男個人に帰属する貯蓄です。
家計(共通財布)の資産、夫個人の資産、妻個人の資産は含まれません。

18歳になるまで(大学入学まで)使うことは考えていません。

実際に使ったことも無いので、安定して増えています。

っていうか、2歳にして250万近くあるって。。。

※総資産には負債(父からの貸付金)が60万円含まれているため、純資産は記事の冒頭にあるとおりの金額になります。


投資信託

インデックスファンドのみの積立額累計と評価額の推移は以下のとおりです。


積立額(元本)は1,191,455円、評価額は1,268,318円、損益率は+6.5%程度でした。

2018年3月末に初めて評価額がマイナスになったあとは、プラスで推移しています。
これまではプラスなのかどうか、目で見てもよく分からないレベルでしたが、やっと目に見える程度にプラスになってきましたね。

目先の損益にはとらわれず、今後も積立を続けます。


当月の振り返り

収入について

今月の収入は4万4千円でした。
内訳は、
【定期収入】父職場からの扶養手当:8,000円
【定期収入】家計からの拠出金:10,000円
【定期収入】保育料補助(3ヶ月分):30,000円
です。

昨年度までは保育料補助が1万5千円/月もらえていましたが、2018年度から1万円に減額になってしまいました。


収入の使いみち

いつもどおり、臨時収入も含め、全収入はMRFに移しました。
その後、MRFから毎月6万2千円をインデックスファンドに積み立て投資しています。

以上。

0 件のコメント :

コメントを投稿