住宅ローン返済記録(2018年10月)#自宅マンションが500万円近く値上がり!?



前回の記事で予告した通り、住宅ローンの返済については、毎月書くほどのことはありません。
今回の記事は2ヶ月振りの記事となります。

前回の記事:


10月末時点の住宅ローンの残高は、
57,894,691円
でした。

今月も
夫分:64,716円(35年変動)
妻分:63,288円(35年変動)
の住宅ローンが引き落とされました。

これまでにマンションに投じたお金の合計は
7,295,868円
です。

この金額には
・購入時の諸費用
・(わずかですが)頭金
・住宅ローンの返済
・管理費・修繕積立金・駐輪場・町会費など
・固定資産税
などが含まれています。

ちなみに、購入時の諸費用は238万円でした。
詳しくはこちら。


物件価格6000万円強以上だった我が家ですが、「マンションバリュー」によると現在価値は新築当時から9月末頃までずっと約5700万円(新築時から400万円程度の値下がり)でした。

それが何と、今月は6200万円近く(新築時からの騰落率:+約1.7%)に上がっておりました。
金額にすると、前月末から約500万円の値上がりです。

実際に売り出してこの値段で売れるのかというと少し疑問ですし、当面は売る気もありません。
ただまあ、マンションの評価額が上がったことは素直に喜びます。

一方、「おうちダイレクト」では5800万円弱の評価額でした。

住宅ローン残高とマンション価値の推移をグラフにしてみました。


※マンション評価額はマンションバリュー」とおうちダイレクト」の評価額の平均です。

先月まではマンションの評価額が変わらない前提であれば、来年の6月頃にやっと残債割れの状態を解消できると考えていました。
が、早くも残債割れの状態にすることができました。

とはいえ、この先も上げ下げがあるでしょうが、自己居住目的のマンションなので、当面売るつもりはありません。

【関連記事】
我が家の住宅ローンについて


マンションを購入したときの記事


以上。

0 件のコメント :

コメントを投稿