【長男】資産状況(2018年10月末時点)※7ヶ月振りに前月比で総資産がマイナスに


2018年10月末時点の長男の資産状況です。

資産状況の記事はシリーズ化しており、毎月記事にしています。

前月の記事はこちら。

純資産残高は192万2917円(前月比28,480円減)となりました。
純資産残高がマイナスになったのは今年の3月以来、7ヶ月振りです。

目標の800万円まではあと約608万円です。(進捗率24.0%)

※「進捗率」は目標の800万円に対する純資産残高の割合です。

今月の収入

今月の収入は8万円でした。
内訳は、
【定期収入】父職場からの扶養手当:8,000円
【定期収入】家計からの拠出金:12,000円
【定期収入】児童手当:60,000円
です。

長男の収入についてはこちらの記事を参照ください。

今月の投資

10月に積み立てを行った投資信託は以下の3種類です。

先進国株
 ・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim先進国株式インデックス

新興国株
 ・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim新興国株式インデックス

日本株:
 ・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim国内株式インデックス

今月はそれぞれの投信に以下の金額を追加で投資しました。

eMAXIS Slim先進国株に50,900円
eMAXIS Slim新興国株に6,000円
eMAXIS Slim国内株に5,000円

合計61,900円です。

先月の記事で触れた通り、本来は毎月62,000円投資すべきところ、9月に間違えて100円多く積立を行ってしまっていました。
そのため、10月は100円少なく積立を行って調整しました。


資産配分

前月と比べて特に大きな変化はありません。



定期預金

ソニー銀行の6ヶ月定期(金利0.15%)です。
12月に満期を迎える予定です。
現在は妻名義のソニー銀行の口座(共通財布の口座)に入っています。

満期を迎えたタイミングで長男名義のMRFに移します。


MRF

ジュニアNISA口座でのインデックスファンド買付用の待機資金です。

定期預金の金利も低いとはいえ、MRFは現在金利0%なので、余裕資金は定期預金のままにしておいたほうがマシでしょう。

それでも定期預金からMRFに振り替えることにした理由は次の2点です。

・現在、定期預金は妻名義の銀行口座(共通財布の口座)で管理しており、若干管理が面倒。
・MRFは金利0%だが、IPO投資の原資にできるため期待値は0ではない。


投資信託

投資信託はSBI証券のジュニアNISA口座で購入しています。
先進国株、新興国株、日本株の3つの区分に管理しています。

それぞれ具体的な投資信託は以下のとおりです。

先進国株
 ・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim先進国株式インデックス
 ・野村つみたて外国株投信(うち、先進国部分)

新興国株
 ・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim新興国株式インデックス
 ・野村つみたて外国株投信(うち、新興国部分)

日本株:
 ・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式インデックス
 ・三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド

10月までは、eMAXIS Slimシリーズを各株式クラスの投信を積み立てていました。

11月以降は「emaxis slim 全世界株式オールカントリー」を積み立てる予定です。

参考記事:

ジュニアNISA口座ではスイッチングができないので、現在積立中の投信とは異なるファンドも引き続き保有しています。


資産推移

総資産

総資産の推移です。
10月は株安だったため、グラフの形が少し凹んでいますが、気持ちは凹んでいません。
むしろ、積み立て初期の下落は歓迎します。


※ここでいう「総資産」とは、長男個人の総資産です。
家計(共通財布)の資産、夫個人の資産、妻個人の資産は含まれません。


投資信託

インデックスファンドのみの積立額累計と評価額の推移は以下のとおりです。


積立額(元本)は1,315,455円、評価額は1,289,365円、損益率は-2.0%程度です。

先月末時点では10万円近かった利益額が一気にマイナス(26,090円)になりました。

とはいえ、目先の損益にはとらわれることなく、淡々と積立を続けます。

以上。

0 件のコメント :

コメントを投稿