【悲報】楽天銀行のハッピープログラムが改悪、今後の方針を検討【投信100円積立】


楽天銀行のハッピープログラムが改悪となります。

今まで、投信を100円積立設定することにより、楽天ポイントがゲットできました。
1日あたり最大15件・1件当たり3ポイントまでのため、1ヶ月20営業日とすると、1ヶ月あたり900ポイントが還元されます。(投資額は3万円/月)
投資額3万円で900ポイントが得られるので、還元率としては3%になります。

ところが、今回の変更により、入金のあった日ごと月間3件までしかカウントされなくなります。
結果として、還元額は最大で9円(9ポイント)になってしまいます。

私は遅まきながら、先月5月から始めたばかりでした。
すぐに塞がれた格好となり、残念です。

この記事では
・これまでの投資状況
・今後の方針
を紹介します。

これまでの投資状況

以下の10種の投資信託に月に2回、100円を積み立てていました。
※楽天証券では分配金コース(「再投資型」または「受取型」)の異なる積立設定を行うことにより、同じ投資信託であっても月に2回の積み立て設定が可能です。

・楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(米国高配当株式))
・楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
・SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))
・SBI・先進国株式インデックス・ファンド(雪だるま(先進国株式))
・SBI・新興国株式インデックス・ファンド(雪だるま(新興国株式))
・eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
・eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
・eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
・野村つみたて外国株投信

月間の合計投資額は月2千円となります。
これまでの投資額は、元本ベースで再投資型と受取型それぞれ200円ずつ。

月間の還元額は60ポイントでした。


今後の投資方針

新しい方式ではカウントは日ごとに行われます。
そこで、曜日と祝日の兼ね合いで同日カウントになってしまわないよう、10日を空けて積立設定を行います。

積立対象の投資信託は以下の3本にします。
いずれも分配金コースは「再投資型」にします。

毎月1日100円
・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

毎月11日100円
・SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))

毎月21日100円
・楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(米国高配当株式))

魅力が大幅に下がったとはいえ、3%のポイント還元は有り難いです。
楽天グループに敬意を表し、3本中1本は楽天グループの投信にします。

月間の合計投資額は月300円で還元は9ポイント、還元率は3%となります。

積立設定は以下のようになりました。


これまでに積み立てた投信をどうするか

当面そのまま保有を続ける方針です。

将来的には、管理の煩雑さを避けるために売却するかもしれません。

楽天証券では保有している投資信託の分配金コースを変更できるサービスがあります。

私はこれまで、積み立て中は月に2回投資をするため「再投資型」と「受取型」それぞれで積み立てを行っていました。

積立を停止するその他の7投信については「受取型」にしておく必要は無いため、「再投資型」に変更しました。

設定方法は楽天証券のサイトを参照してみてください。



なお、楽天カード積立と楽天ポイント投資は今後も継続します。

楽天カード投資(5万円/月)※2019年1月~
・eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

楽天ポイント投資(ポイント全額)※2019年1月~
・楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))

楽天カード投資と楽天ポイント投資については以下の記事が詳しいです。



以上。

0 件のコメント :

コメントを投稿