【つみたてNISA】妻の積立ファンドを変更【iDeCo】

2020/05/17

t f B! P L

久しぶりの妻の投資ネタです。

2018年にiDeCoでインデックス投資デビューを果たした妻。


その後ほどなくして、つみたてNISAも開始。

以来、iDeCo、つみたてNISAをインデックスファンドの積立を続けています。


当時から続いていた、積立ファンド(信託報酬、積立額)は以下のとおり。

つみたてNISA@SBI証券
・楽天・全世界株式インデックス・ファンド(以下、楽天VT)(0.212%、毎日1,619円)

iDeCo@SBI証券オリジナルプラン(毎月12,000円)
・三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド(0.176%、10%)
・EXE-i 先進国株式ファンド(0.313%、80%)
・EXE-i 新興国株式ファンド(0.3635%、10%)

加重平均の信託報酬:0.3044%

はい、2年と経たぬ間に時代遅れ感のあるラインナップとなっていました。

遅ればせながら、GW中に、つみたてNISAは積立ファンドを変更、iDeCoについてはオリジナルプランからセレクトプランへの変更手続きの書類を請求しました。

変更後は↓のようになります。

つみたてNISA@SBI証券
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)(以下、スリムAC)(0.1144%、毎日1,619円+毎年7/1と12/1に各1,000円)

つみたてNISAは楽天VTからスリムACに積立対象ファンドを変更しました。

毎営業日積立だと、つみたてNISAの投資可能枠を使い切れないため、ボーナス月の設定を追加しました。

単純計算で、投資元本40万円に対して年間390円のコスト減になります。

過去に積み立てていた楽天VTは非課税期間の20年が終了するまでそのまま持ち続ける予定です。


iDeCo@SBI証券セレクトプラン(毎月12,000円)
SBI・全世界株式インデックス・ファンド(以下、雪だるま全世界株)(0.1102%)

iDeCoはオリジナルプランからセレクトプランに変更し、つみたて対象は1本にまとめます。

リバランスも不要になるので、手間が更に省けます。
(これまで一度もリバランスしてませんでしたが。。。)

過去に積み立てていた投信は全額まとめて雪だるま全世界株に乗り換えます。

単純計算で、投資元本30万円に対して年間582円のコスト減になります。

やったね!

よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

Be happy!

プロフィール

ばしこ
40代でFat FIREを目指すフルタイム共働き子育て世帯。

2000年 15歳で株式投資を開始
2009年 米国株投資を開始
2011年 不動産投資を開始
2016年 長男(0歳)インデックス投資@ジュニアNISAを開始
2018年 妻(3x歳)インデックス投資@つみたてNISAを開始
2019年 長女(0歳)インデックス投資@ジュニアNISAを開始

mail:basico@hexarys.net

米国株ポートフォリオ

ブログランキング

QooQ