フルタイム共働き子育て世帯の家計簿(2020年10月)

2020/11/17

家計簿

t f B! P L

2020年10月の家計簿です。


経常会計(Ordinary Operations)

今月は-145,321円の赤字(貯蓄率:-27.6%)でした。

貯蓄・投資額(学資保険/ジュニアNISA/iDeCo)の85,055円を含めると、実質は-230,376円の赤字。


我が家のプロフィール
・30代フルタイム共働き世帯(妻:育休中)
・子供:未就学児2人(3歳児クラス長男+1歳長女)
・持ち家(マンション)※住宅ローン返済中
・車なし

プロフィールの詳細、家計簿の各項目については以下の記事を参照ください。


先月の記事はこちら。

トピックス

収入について

大きな変化はありません。

先月の家計簿から収入は夫婦の合算額を公開するように変更しています。

私の収入は給料、妻(育休中)の収入は育児休業手当金です。

※今まで「育児休業給付金」と表現していましたが、正しくは「育児休業手当金」でした。

民間企業では「育児休業給付金」ですが、公務員は制度が異なっていて「育児休業手当金」と呼ぶようです。


Go To トラベル!(2回目)

行楽費は122,783円。

GoToトラベル(2回目)の旅行代金が104,300円。
残りはGoToトラベル(1回目)にかかった費用です。

家計に余裕がないため、先月に引き続き、夫婦それぞれの個人財布から8万円ずつ徴収しました。
※この徴収分は家計簿の収入には含まれていません。

徴収額の総額32万円。

家族4人で特別定額給付金を40万円受け取りましたが、ほぼ消費に回ったようなものですね。

Go Toトラベルが延長されたらもう1回旅行に行く予定です。
延長よろしくお願い申し上げます。

その他の支出について

目立つ支出の主な使途は以下の通りです。

医療費:インフルエンザワクチン接種費用

長男費:最近通い始めた幼児教室の教材費・レッスン料がまとめてかかりました。

雑費:ふるさと納税


今後の展望

家計はかなりカツカツの状態です。

11/17時点の夫婦2人の家計への貸付額は10万円超。

12月のボーナスで帳尻を合わせる予定です。

よろしければ応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

Be happy!

プロフィール

ばしこ
40代でFat FIREを目指すフルタイム共働き子育て世帯。

2000年 15歳で株式投資を開始
2009年 米国株投資を開始
2011年 不動産投資を開始
2016年 長男(0歳)インデックス投資@ジュニアNISAを開始
2018年 妻(3x歳)インデックス投資@つみたてNISAを開始
2019年 長女(0歳)インデックス投資@ジュニアNISAを開始

mail:basico@hexarys.net

米国株ポートフォリオ

ブログランキング

QooQ